人生で初めてダ・ヴィンチのシステム手帳を購入した理由を紹介します!!

皆さんは手帳、使っていますか?

学生の方であれば使っていない方も多いかと思いますが、社会人の方であれば使っているという人の方が多いのではないでしょうか。

 

私も社会人になってからはずっと手帳を使っています。

使っていると言ってもスケジュール管理と日々の簡易的なメモ程度で、全く使いこなせている自信はありません。

今後はもう少し手帳の使い方も勉強していきたいと考えていますが、それはまた別の記事で・・・

 

今回人生で初めて「システム手帳」と呼ばれる手帳を購入しました!

システム手帳を選んだ理由や少し使ってみた感想などを書いていきたいと思います。

広告

ダ・ヴィンチのシステム手帳!クールでカッコいい!!

今回、購入したシステム手帳がこちら。

システム手帳

 

ダ・ヴィンチの2018年度版のスタンダードシステム手帳です。

詳細はこちら

 

2018年度の日付リフィル付きのバイブルサイズです。

日付リフィルは無くても良かったのですが、システム手帳のデザインが気に入ったのでこれを購入しました。

背の部分にステッチがあり、ベルトが細身になっているのはこの2018年度版だけのデザインです。

 

表面は本革のスーパーロイスレザーを使用しており、予想していた以上に手に馴染みます。

革の質感は値段以上の価値があると思います。

 

中はこんな感じ。

システム手帳

 

内側は手入れが不要な合皮製です。

使い始めは革が少し固くパタンとは開きませんでしたが、ちょっと触って革をならしてあげればすぐフラットに開くようになりました。

システム手帳を広げて文字を書くのには全く問題ありません。

 

ペンの差込口は可動式なのである程度大きめなペンでも入ります。

しかし、私が使っているジェットストリームの4色+シャーペンのボールペンは入りませんでした。

実際に購入される方は規格をよく確認して、今お使いのペンが入るのかチェックしておいた方がいいと思います。

 

デザインは目立ちすぎず、それでいて高級感も漂っていて大満足です。

革の質感もとても心地よく、ずっと持ち歩きたいと思わせる素晴らしい出来だと思います。

 

とにかく1度使ってみたかった

システム手帳を購入する前までは、1冊ものの手帳(毎年発売される手帳)を使っていました。

私が手帳に求める機能など、スケジュール管理とメモだけなのでそれでも全く不満はありませんでした。

それなのに今回どうしてシステム手帳を購入することにしたのか。

 

それは、とにかく1度システム手帳というものを使ってみたかった、という理由が最も大きいです。

 

毎年買い換える手帳とは違い、システム手帳本体は何年も同じものを使い続けます。

もちろん愛着もドンドン増していくでしょうし、リフィルを工夫することで自分だけの手帳ができていくのではないかと想像しています。

リフィルを追加したり減らしたりできるので、不要なものは廃棄して必要なものは別のバインダーに綴じるなどして管理することができるのも、システム手帳を選んだ理由の1つです。

 

購入する前から使い勝手などを色々考えていたのですが、なにはともあれ1度使ってみないことには評価もできないということで、今回購入に踏み切ったわけです。

 

メモはリフィルと測量野帳を組み合わせる

まだ使い始めて1ヶ月くらいしか経っていないので、使い方が確立しているわけではないのですが、メモについて感じたことがあります。

 

システム手帳には方眼のメモリフィルをセットしています。

このメモリフィルはどちらかというと自分の考えを書き出す用で、比較的どうでもいいことをつらつらと書き殴るように使っています。

 

それでは打ち合わせなどで必要になるメインのメモはどうするのか。

 

私は測量野帳を組み合わせて使っています。

 

システム手帳を購入する以前からメモには測量野帳を使っていました。

どこにでも持ち運びができるサイズと耐久性でビジネスでも十分使っていけるノートです。

 

測量野帳については有名ですし、紹介されているブログもたくさんあるのでここでは紹介しません。

機会があれば私も紹介記事を書きたいと思います。

 

この測量野帳がバイブルサイズのシステム手帳と予想外の相性の良さを発揮してくれました。

システム手帳

 

重ねたら分かりますが、サイズがピッタリ同じです。

これに気付いた時は驚きました。

 

また、測量野帳は全然厚くないので挟んでも問題なく閉まります。

 

これが測量野帳を挟んでいない状態のシステム手帳です。

システム手帳

 

対して測量野帳を挟んで閉じたのがこちら。

システム手帳

 

気にならない程度の厚みです。

むしろ、私が使っているくらいのリフィル量では丁度いい厚みの調節になっていると感じます。

これくらいボリュームがあった方が持った時にしっくり来るというか・・・

まあ、この辺は個人の好みだと思います。

 

システム手帳にメインのメモを書くことも考えたのですが、測量野帳も使いたいという思いがあったため、用途をはっきり分けることにしました。

もちろんシステム手帳の使い方は発展途上中ですので、今後変わっていく可能性は十分にあります。

 

しかし、測量野帳とバイブルサイズのシステム手帳が挟み込んで持ち運べるというのは知っておいて損のない情報だと思います。

 

まとめ

まだ使い始めて少ししか経っていませんが、今のところ不満はなくいい感じに使っています。

手帳の機能としては以前とほとんど変わっていませんので、使い勝手が悪くなることはありません。

どちらかというとシステム手帳の質感など、雰囲気や愛着が湧いて楽しく使えているという気がします。

 

リフィルの種類もたくさんありますし、少しずつ試してみて自分だけのシステム手帳を作っていきたいですね。

仕事内容に合わせてリフィルを変えることで、私の唯一無二のビジネスパートナーになってくれる事を期待したいです。

リフィルが結構お高いのが難点ですが・・・

自分で作ってしまうのも1つの手ですよね汗

 

今後も気付いた点やこうしたら使い勝手が良くなったなど、実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告