【第42期囲碁名人戦第4局 】井山挑戦者の白番中押し勝ち!3連勝でタイトル奪取に王手!!

10月2日(月)、3日(火)に「第42期名人戦第4局」が行われました。

 

1日目の感想や封じ手予想は前回の記事をご覧ください。

封じ手の局面は若干白の井山挑戦者の方が打ちやすいかなという風に感じました。

高尾名人に何か誤算があったのか分かりませんが、封じ手の時点では左辺に黒の弱い石が2つあって、どのように収拾をつけるのか注目の局面でした。

 

高尾名人が2勝目をあげて対戦成績を2勝2敗の五分に戻すのか、はたまた井山挑戦者が3連勝でタイトル奪取に王手をかけるのか!?

 

気になる結果を早速見ていきましょう!

広告

結果は井山挑戦者の白番中押し勝ち!!

結果は164手完、井山挑戦者の白番中押し勝ちでした。

棋譜はこちらです。

 

封じ手予想はまたまた外れ・・・

今回の封じ手は全く予想できませんでした。

高尾名人は普通の手では形勢不利と判断したのかもしれませんね。

 

一昨日の記事で私は2日目は井山挑戦者の攻めを高尾名人がどう受け止めるかが注目です!

と、自信満々に書いていたのですが・・・

 

全然違う進行になりましたね苦笑

 

高尾名人が一気に勝負を仕掛けた格好で、どちらか潰れてもおかしくない大激戦に発展しました。

やはり元の形は白の方が有利だったのか、なかなか黒の良い図ができなかったようです。

しかし、見ている側からすればハラハラドキドキの大熱戦でとても面白かったです。

 

一手一手がとても難しく、私には何がどうなっているのかさっぱりの進行でしたが、雰囲気だけでも楽しむことができるのが棋譜並べの良いところだと思います。

詳しい説明は新聞などに掲載されるプロの方の解説を見てくださいね。

解説を読むと新しい発見がたくさんあって本当に勉強になります。

 

この碁は井山挑戦者の苦しい時期はほとんど無かったのではないでしょうか。

乱戦になった時の井山挑戦者の読みの深さ、鋭さは本当にすごいです。

 

高尾名人としては不本意な内容だったかもしれません。

何とか気持ちを立て直して次の対局に臨んでもらいたいですね。

 

まとめ

これで井山挑戦者が3連勝です。

第1局を半目負けで落として、出だしはあまり良くなかった印象ですが、やはり地力がありますね。

簡単に負ける姿が全く想像できません。

 

高尾名人としてはここから3連勝するしかありません。

今の井山挑戦者が3連敗するイメージはなかなかできませんが・・・もうやるしかないですね。

個人的にはこの2人の対局をもっと見たいという気持ちが強いので、高尾名人に頑張ってもらいたいです。

 

井山挑戦者が次の第5局に勝つと、名人奪取となり、七冠達成です!!

 

2016年に七冠制覇を達成しているのですが、同じ年に今戦っている名人戦で高尾挑戦者に敗れ、六冠に後退しました。

しかしその後、王座・天元・棋聖・十段・本因坊・碁聖の6つ防衛戦で全て勝利します。

そして平行して行われた名人戦挑戦者決定リーグで8戦全勝という圧倒的な成績で挑戦者に名乗りを上げました。

そして、今名人戦で3勝1敗という戦績となり、名人奪取に王手となっています。

 

タイトル戦や挑戦者決定リーグなど、相手は日本を代表するトップ棋士ばかり。

そんな棋士たちを相手にこれだけの成績を残すのは本当に素晴らしいことだと思います。

 

 

次の第5局はマスコミが大量に押し掛けるんでしょうね〜。

将棋の藤井四段の時も感じました、対局者の邪魔になるようなことだけはしないでもらいたいですね。

 

高尾名人が意地を見せて2勝目をあげるのか!?

それとも井山挑戦者が怒涛の4連勝でタイトル奪取、そして七冠に返り咲くのか!?

注目の第5局は10月16(月)、17日(火)に静岡県熱海市「あたみ石亭」で行われます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告