【第42期囲碁棋聖戦第4局 】1日目から激しい競り合いで勝負所となりました!封じ手予想します!!

2月15日は「第42期棋聖戦第4局」の1日目が行われました。

場所は岩手県大船渡市にある「 大船渡市民文化会館 」です。

 

棋聖戦はここまで井山棋聖の3連勝で防衛に王手をかけています。

→第1局の結果と感想はこちら

→第2局の結果と感想はこちら

→第3局の結果と感想はこちら

 

一力挑戦者としては何とか1勝を返して、流れを掴みたいところです。

 

第3局との間では井山棋聖、一力挑戦者ともに世界戦での手合いがありました。

井山棋聖はLG杯決勝三番勝負。

一力挑戦者はCCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦です。

ともに結果は残念でしたが、世界の強豪と対局できたことで大きな刺激を受けたのではないでしょうか。

 

それにしても両対局者、忙しいですよね。

特に井山棋聖は国民栄誉賞の受賞や天元就位式などもあり、本当に多忙です。

この棋聖戦に向けたコンディションの調整が難しいと思いますが、しっかり結果を出しているのがすごいと思います。

 

さて注目の第4局、一力挑戦者がカド番を跳ね返すことができるのか!?

1日目からとても激しい戦いの碁となりました。

 

早速、感想と封じ手予想をしていきたいと思います!

広告

棋譜と感想

1日目の棋譜です。

 

序盤から激しくぶつかり合って、見たこともないような戦いになっています。

初めは穏やかな進行になるのかなと思ったのですが、白の一力挑戦者が仕掛けていった印象があります。

カド番の大一番ですが、萎縮することなく思い切った手を打てているようです。

 

私では手の意味はほとんどわかりませんが、対局者の気迫のようなものを感じることができました。

封じ手の場面はもう訳がわからない難解な戦いの真っ最中で、両対局者がどこまでの図を読んでいるのかがとても気になりますね。

 

封じ手予想

それでは封じ手予想です!

どこが頭でどこが尻尾かもよく分からない戦いで、とても難しいのですが・・・

第一感のコスミにします!

 

サガリかコスミか迷いましたが、何となく形のようなコスミにします。

黒は左辺でポン抜いてかなり厚い形になっているので、左下から下辺では黒が有利な箇所になっています。

左上、右上ともに黒が隅の地を取っているので、白はこの戦いでしっかりとポイントを取らないと苦しい形勢になるかもしれません。

いきなり勝負所になっているので、2日目開始早々から目が離せない進行になりそうです。

 

まとめ

井山棋聖が怒涛の4連勝で一気に防衛を決めるのか注目が集まっています。

LG杯では惜しくも敗れましたが、国内ではやはり井山一強と言えるでしょう。

一力挑戦者が打倒井山の筆頭として追いかけていますが、なかなかその壁を越えることができていないのが現状です。

 

一力挑戦者や他の若手棋士が井山七冠とタイトルを取り合うようになってくれば、日本囲碁界ももっと盛り上がってくるでしょうし、棋力の底上げにも繋がっていくのではないかと思っています。

井山七冠は本当に強いですが、そういう時代がもうすぐそこまで来ている気もするので、若手棋士をもっと応援していきたいです。

やはり囲碁界が盛り上がって興味を持ってもらうことが、日本が強くなる一番の近道だと思います。

 

さて、明日の2日目は1日目よりも激しい進行になると予想しています。

もう既に簡単に落ち着くような戦いではないですし、一力挑戦者は後がないカド番なので、ドンドン仕掛けていくのではないでしょうか。

井山棋聖がしっかり受けきって勝利することができるか!?

それとも一力挑戦者が待望の1勝目を上げるのか!?

明日の対局を楽しみにしたいと思います!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告

 

過去のタイトル戦や古碁の棋譜は、こちらのページにまとめています。

是非、ご覧ください!

囲碁まとめページはこちら!!