【島根県】出雲大社に赤ちゃん抱っこ紐で行ってきたので感想を書きます!!

先日、島根県にある出雲大社に家族で行ってきました。

 

私は今まで行ったことがなかったので、これが初めての参拝です。

とても歴史のある神社ですし、一度行ってみたかったので今回参拝することができてとても嬉しかったです。

 

1歳少しの息子も一緒に行きましたが、今回はベビーカーを使いませんでした。

ではどうしたかというと、抱っこ紐を使ってずっと抱っこした状態で参拝しました。

ベビーカーではなく抱っこを選択した理由は天気が悪かった上に、出雲大社がじゃり道が多いということ。

 

結論から書くと抱っこ紐での参拝はとてもいい感じでした。

ベビーカーでは歩きにくい道でも気にせずに移動できますし、両手が使えるのはやはり強いです。

賽銭を出したりするのに両手が使えるのは便利ですよね。

 

役に立つかは分かりませんが、今後子供連れで出雲大社に行かれる方は参考にしてみてください。

 

それでは簡単にではありますが、写真を混ぜながら感想を書いていきたいと思います!

広告

まずは腹ごしらえに出雲そば!!

出雲といえばお蕎麦!

ということで参拝の前に出雲そばを食べることに。

 

流石は出雲ということで出雲大社周辺にはたくさんのお蕎麦屋さんがあります。

今回は「出雲そば きずき」というお店に行きました。

出雲大社

出雲大社

 

2014年4月にオープンしたお店で、民家の和室を改装した落ち着いた店内になっています。

 

玄関にはオススメのメニューが手書きで書かれています。

とろろ割子そば、のやき、ぜんざい、どれも美味しそうです!

出雲大社

 

私は割子そばを注文。

おかわりしたので4段くらい食べたような気がします笑

最高に美味しかったです!

出雲大社

 

釜揚げそばもいただきました。

こちらも絶品!

お蕎麦がこんなに美味しいなんて知らなかったです。

出雲大社

 

この出雲そばを食べにまた出雲に来てもいいなと思っています。

それくらい美味しかったです。

 

息子にも少し食べさせてあげました。

ひたすらパクパク食べていたのできっと美味しかったのだと思います。

出雲大社

 

店の雰囲気はとても落ち着いていてゆっくりとお蕎麦を食べることができます。

店員さんも親切で子供にも優しくしてくれました。

 

また出雲に来ることがあれば、その時も是非お邪魔したいです。

本当にごちそうさまでした!

 

雨の出雲大社を参拝!

お腹も満たされ、いよいよ出雲大社に向かいます。

小雨がちらつくあいにくの天気ですが、それはそれで趣があります。

 

余談ですが、私はかなりの雨男です。

旅行に行ったり、出かけたりする時は結構な確率で雨が降っています。

雨男みたいなオカルトはあまり信じていませんが、もはや信じるしかないほど雨に降られているような気がしますね汗

 

妻は自他共に認める晴女なので、うまく相殺してくれればいいのですが・・・

今回は私が勝ったようで、小雨が降っていました。

 

 

どうでもいい話はこれくらいにして、出雲大社です。

まっすぐ本殿に向かいます。

出雲大社

 

厳かな雰囲気の参道を歩いているだけで気持ちが引き締まるような感じがしました。

パワースポットとしても大人気というのは納得できます。

出雲大社

 

15分くらい歩くと「拝殿」に到着。

出雲の大しめ縄といえば「神楽殿」が有名ですが、こちらも立派なしめ縄があります。

出雲大社

出雲大社

 

御本殿の前にある八足門です。

普段は本殿には入れませんので、ここで参拝します。

出雲大社

 

出雲大社は「二礼四拍一礼」が正しいお参りの仕方だそうです。

他の神社とは少し違うので注意が必要ですね。

 

お参りをした後は境内をゆっくり散策。

雨だったということもあり、木々の匂いがとてもしてマイナスイオンが大量に出ている気がしました。

出雲大社

 

ちなみに息子はずっと前抱っこをしていました。

前抱っこの方が息子も景色が見やすくて楽しそうです。

ベビーカーに比べるとやはりしんどいですが、抱っこ紐のメリットもたくさんあるなと実際にやってみて実感しました。

※前抱っことは抱っこ紐を付ける際に、子供を前向き(外向き)に付けることです。

出雲大社

 

出雲大社の境内には「因幡の白うさぎ」にちなんでウサギの像がたくさんあります。

出雲大社

出雲大社

 

因幡の白うさぎ神話は聞いたことがあるくらいだったので、勉強になりました。

改めて考えると、色々な神話が現代まで伝えられているのも凄いことですよね。

出雲大社

 

 

後、出雲大社といえば縁結びの神様としても有名です。

由来は知らなかったのですが、この「縁むすびの碑」を読んで初めて知りました。

出雲大社

 

今では男女の縁だけでなく、子宝の縁、仕事やお金、友人の縁など、さまざまな縁を結んでくれる「むすび」の神様とされています。

人間は縁で全てのものとつながっています。

良い縁に出会うというのは大切なことだなと改めて考えさせられました。

 

最後はぜんざいで締め!

あまり知られていませんが、出雲はぜんざい発祥の地とされています。

ということで、帰る前にぜんざいを食べることに。

出雲大社

 

冷えた体に暖かいぜんざいが染み渡ります。

出雲そばと同じく、ぜんざいってこんなに美味しかったっけ?と驚くくらい美味しかったです。

出雲大社

 

たまたまお腹が空いているタイミングだったのかもしれませんが、そばもぜんざいも本当に美味しかったです。

美味しいものがいっぱいあるのはとても魅力的ですね。

 

まとめ

出雲、とっても良かったです!

お蕎麦もぜんざいも美味しかったですし、出雲大社は境内を歩くだけですごくパワーをもらったような気がします。

 

縁結びの神様ということで、自分の周りの縁に対して感謝の気持ちを伝えに定期的に参拝したい気持ちになりました。

悪い縁を切りたい時もお参りに行くと効果があるかもしれませんね。

あまり神社でお願いをしない方がいいんでしょうけど、本当に困ったときは神頼みと言いますし。

 

息子がもう少し大きくなって、自分で歩けるようになったら一緒に参拝するのも楽しいと思います。

子供には出来るだけ色々なところに連れて行ってあげて、様々な経験をさせてあげたいといつも思っています。

実際はなかなか時間が取れずにあまり連れて行ってあげれていませんが、少しずつでも計画して行動に移していきたいです。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告