【第43期囲碁天元戦第2局 】井山天元が連勝!圧巻の内容で一気にタイトル防衛に王手をかけました!!

10月27日に「第43期天元戦第2局」が行われました。

プライベートが少々忙しくなってしまい、記事を更新するのが遅くなってしまいました汗

 

第1局は井山天元の先勝で幕を開けたこの天元戦。

→天元戦第1局の棋譜と感想はこちら

 

天元戦は5番勝負ですので、先に3勝した方の勝ちになります。

井山天元がこの第2局も勝つとその時点で一力挑戦者はカド番に追い詰められてしまいます。

短期決戦は本当に1勝が重いですね。

 

現在平行で進行している王座戦でも初戦を落とした一力挑戦者ですので、ここは何とか1勝を上げて流れを変えたいところだと思います。

→王座戦第1局の棋譜と感想はこちら

 

逆に井山天元は七冠復帰からずっと好調を維持しているように感じます。

高尾九段との名人戦の激闘を制したことでリズムに乗ったでしょうか。

 

井山天元の2連勝なるのか、それとも一力挑戦者が1勝1敗に対戦成績を戻すのか!?

 

注目の第2局、早速結果を見ていきましょう!

広告

井山天元の白番中押し勝ち!!

結果は162手完、井山天元の白番中押し勝ちでした。

棋譜と感想はこちら。

 

序盤は井山天元が落ち着いた進行を選び、静かな立ち上がりになりました。

特に4手目の三々は比較的珍しい手だと思います。

 

アルファ碁の影響で三々がまた見直されているとかあるのでしょうか・・・?

勉強不足で最新の研究を知らないので分かりませんが、機会があれば調べてみたいですね。

 

中盤までは一力挑戦者のペースで進んでいたのかと思っていたのですが、中盤から井山天元が仕掛け、そこから大激戦になりました。

最後は井山天元が読み勝って押し切った形になりましたが、お互い手筋を駆使した戦いでとても勉強になる進行でした。

 

まとめ

最近、井山天元の好調振りが際立っていますね。

一力挑戦者という今最も勢いのある若手棋士を相手に真正面から押し切る力強さを見せつけています。

 

この天元戦は七冠復帰後の初防衛戦ですが、この調子だと他のタイトル戦も順調に防衛を重ねていきそうな予感がします。

まだまだしばらくは井山七冠の1強時代が続きそうですね。

だれが井山七冠の牙城を崩すのでしょうか・・・

 

さて、井山天元の2連勝で一気にタイトル防衛に王手をかけました。

一力挑戦者も内容は決して悪くないように思いますので、次の第3局では更に面白い碁を期待したいです。

第3局は少し間が空いて、11月24(金)に福岡県宗像市「宗像ユリックス」で行われます。

1ヶ月弱、時間がありますので一力挑戦者からするとリズムを立て直すいい時間になるかもしれませんね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告