【大阪】北浜にあるNORTHSHOREに赤ちゃん連れベビーカーで行ってきたので感想書きます!!

2017-12-03

大阪の中心地、北浜にある「NORTH SHORE」というカフェ&ダイニングに行ってきました。

いつも通り1歳少しになる息子と一緒です。

だいぶよちよち歩きができるようになってきたのですが、出かける時はまだまだベビーカーは必須なので、今回もベビーカーも持って行きました。

ちなみに時間はランチタイムの12時前です。

店内の雰囲気や、オフィス街にあるカフェにベビーカーで行った感想などを書いてみたいと思います。

広告

ナチュラルテイストなお洒落な外観

外観はこちら。

自然のぬくもりを感じられる外観で、殺伐としたオフィス街の中で癒しの空間のようです。

northshore

 

店内はすでにお客さんがいっぱいで、中に入るまで少し待ちました。

都会にあるカフェなので仕方ないですが、店内は結構狭めです。

northshore

 

ベビーカーは入り口で預かってもらいました。

息子は入る時、起きていてご機嫌だったので抱っこで入りましたが、ベビーカーのままはいれるのかは確認しませんでした。

ベビーカーで行かれる時はそのまま入れるのか確認しておいた方が確実かと思います。

 

この日は平日だったのですが、我が家以外にも何組か赤ちゃん連れがいました。

しかし、店内の広さなどを考慮すると基本的には大人をターゲットにしたお店です。

立地上、当然ですね。

 

テラスは開放感いっぱいの空間

店の中は、店内とその奥にある屋外のテラスに分かれています。

店内は満席だったのでテラスに座ることに。

northshore

 

テラスもすでにたくさんの人がいました。

この日は11月上旬で結構寒かったのですが人気がありますね。

 

見てもらったらわかるように、ソファーとソファーの間隔があまり広くありません。

ベビーカーでは入れないと思います。

都会らしく座席がキュッとコンパクトにまとまっている感じです。

northshore

 

目の前には土佐堀川と北浜のオフィス街が一望できます。

眺めは最高ですね。

デートや女子会で人気というのも納得です。

 

ただ、子連れという観点ではちょっとどうかな・・・という点もありました。

その1つが柵の隙間です。

northshore

 

写真が分かりにくいですが、テラスの端の柵です。

この隙間はガラス張りとかになっておらず筒抜けです。

 

大人が落ちることはないでしょうが、子供であれば誤って落ちることは十分に考えられます。

目を離した親の責任と言われればそれまでですが、子供を連れて行く時は注意してくださいね。

 

しかし眺めは最高で大人は大満足ですし、時折川を横切る船に息子も大興奮。

秋の風が少し冷たかったですが、もう少し気候が良くて子供も大きくなったら最高だと思いました。

 

お冷のグラスには「NORTHSHORE」のロゴが入っており、おしゃれ!

細部にまでこだわりが感じられます。

northshore

 

私はスプラウトグリルチキンサンドイッチを注文。

northshore

 

パンが見た目以上にしっかりしていて食べ応え抜群!

野菜とグリルチキンもぎゅうぎゅう詰めで入っており、男性でも満足できるボリュームでした。

もちろん味も最高です。

 

妻はランチプレートを注文。

northshore

 

たっぷりの野菜の上にはハンバーグがあり、こちらも食べ応え十分でした。

目玉焼きが乗っているのも嬉しいですね。

ランチプレートには玄米が付いており、健康的な食事が楽しめます。

 

ホームページによると、どの食事も新鮮な野菜を中心に作っているようで、美容や健康に良いとのことです。

女性を中心に大人気というのも納得ですね。

 

まとめ

northshore

 

オシャレな外観と内装、新鮮野菜たっぷりの健康的な食事と、とてもいい感じのお店でした。

北浜駅から徒歩数分と立地も悪くないです。

 

オフィス街で働くOLさんを中心に平日は大人気なんでしょうね。

今回はたまたま休みが取れたので、平日に行きましたが、昼の時間帯はすぐいっぱいになりました。

 

赤ちゃん連れは私たちの他にもう1組いましたが、やはり少し珍しいのだと思います。

休みの日はもう少し子供連れも多いんでしょうね。

 

ただ、赤ちゃん連れにやさしいお店だとはお世辞にも感じませんでした。

まあ大阪市内のど真ん中なので赤ちゃん連れでの来店はあまり想定していないでしょうしね汗

 

赤ちゃん連れの目線で行くと気になる点が多かったですが、大人だけで使う場合はすごくいい感じのお店だと思います。

子供連れで利用される方は是非参考にしてみてください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告