井山碁聖が先勝!戦いに次ぐ戦いの大乱戦でした!【第42期碁聖戦】

6月22日に「第42期碁聖戦第1局」が行われました。

現在、碁聖のタイトルを持っているのは「井山裕太碁聖」。

5連覇中で既に名誉碁聖を名乗る資格を取得しています。

本当にどのタイトル戦でも勝ちまくっていますね・・・笑

 

対する挑戦者は「山下敬吾九段」。

2000年に碁聖を取って以来、17期ぶりの碁聖獲得を目指します。

2年前の碁聖戦の挑戦者でもあり、その時は井山碁聖の3勝1敗となっています。

 

井山碁聖も力自慢ですが、山下九段もとてつもないパワーで相手をねじ伏せる棋風です。

この2人の対局ではいつも大乱戦になっている気がしますが、今回はどうだったのでしょうか!?

広告

井山碁聖の先勝!

結果は井山碁聖の190手完、白中押し勝ちでした!

棋譜と感想はこちら。

 

期待通りの大乱戦ですね。

棋譜に書いているコメントはあくまで私の個人的な感想なので、全部間に受けないようお願いします笑

 

山下九段も第1局だからといって硬くなっている様子は全くなく、初めからエンジン全開です。

このあたりはさすが経験豊富な山下九段といったところでしょうか。

番碁だからといって力を出し切れないということは無さそうです。

 

まとめ

山下九段は若い時から深い読みに裏付けられたパワーで相手を叩き潰すような碁がとても多かったです。

もちろん今でもそのパワーは健在で、今回の碁聖戦も若手棋士を押しのけて挑戦者に名乗りをあげました。

 

井山碁聖は自他共に認める「妥協した手を打たない棋士」ですので、この2人が打つとなれば真っ正面からの殴り合いになるのは必至です。

見ている私たちからすればとても面白いのですが、打っている本人たちは大変でしょうね汗

少しでも読みに穴が入れば的確に突いてくるのですから、一瞬も気が抜けません。

私もそんな緊張感のある碁を打ってみたいです。

 

第2局以降も面白い碁が見れると思いますので、楽しみにしていたいと思います!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!
次の記事でまたお会いしましょう!

 

広告