【第73期囲碁本因坊戦第4局1日目】~棋譜コメントあり~落ち着いた展開の1日目!封じ手予想します!

2018-06-29

6月12日(火)は「第73期本因坊戦第4局」が行われました。

場所は大阪府吹田市の「ホテル阪急エキスポパーク」です。

 

ここまでの対戦成績は本因坊文裕の2勝1敗となっています。

第1局では山下挑戦者の先勝。

そして第2局では本因坊文裕が圧巻の打ち回しで勝利を収めました。

第3局は激しい戦いの連続でしたが、最後は本因坊文裕が押し切って2勝目をあげました。

どの碁も戦いの連続で、私だったら怖くて打てないような内容ばかりです。

両者ともに読みに自信があるので、必然的にこのような展開が多くなるのでしょう。

 

この第4局は本因坊戦を展開を大きく左右する1局になりそうです。

本因坊文裕が勝利すると3勝目となり、山下挑戦者はカド番に追い込まれます。

 

今の本因坊文裕の強さ、実績から考えると、本因坊文裕がそこから3連敗するのはあまり想像できません。

もちろんありえない訳ではありませんが。

山下挑戦者は何としてでもここは勝利して2勝2敗の五分に戻したいところです。

 

それでは、早速1日目の感想と封じ手予想をしてみたいと思います!

広告

棋譜と感想

1日目の棋譜です。

 

比較的落ち着いた内容の1日目だったように思います。

左下から始まった競り合いも難解なねじりあいになることもなく、下辺で無難に分かれた印象です。

 

封じ手直前で本因坊文裕が左下の白に手を付けていった手が予想外でした。

直接具体的な手があると白も辛いと思うのですが、はたしてどんな狙いを持っているのか・・・?

白も最強に頑張って受けたので、封じ手以降は難解な読み合いになりそうな予感がします。

ここで読み勝った方が大きく形勢リードする可能性もあります。

 

封じ手予想

それでは封じ手予想です!

上でも書きましたが、黒が左下の白に手を付けたところです。

一手だけ打って他に行くというのは考えにくいので、黒◯のハネを予想にします!

第73期本因坊戦第4局1日目封じ手予想

 

ハネた後、どのような展開になるかは読めていないのですが、封じ手直前にコスミを打った以上は一度ハネてみたい形です。

 

左下からの戦いが全局的に広がりそうな気がしますね。

両対局者は一歩も引かずに最強の手を追求しますので、必然的にギリギリの際どい戦いが多くなります。

見ている方は楽しいですが、打っている本人は大変です。

 

まとめ

本因坊文裕が1敗した後、2連勝でこの第4局を迎えました。

流れは本因坊文裕かなと感じますが、内容は山下挑戦者も悪くありません。

 

この第4局を制した方が一気に流れを掴む可能性があります。

山下挑戦者はここが踏ん張りどころでしょう。

 

封じ手直前までは両対局者にしては大人しい進行かなと思いましたが、封じ手直前に難しい手が出てきました。

先の展開は私では読めませんが、おそらく対局者は先の先まで読んでいるのでしょう。

1日目の夜はゆっくりするどころか、逆に疲れそうですね汗

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告

 

過去のタイトル戦や古碁の棋譜は、こちらのページにまとめています。

是非、ご覧ください!

囲碁まとめページはこちら!!