【第73期囲碁本因坊戦第3局 】序盤から激しい競り合い!白から妙手も!?封じ手予想します!

6月2日(土)は「第73期本因坊戦第3局」が行われました。

場所は秋田県能代市の「旧料亭金勇」です。

 

この第3局まで両者譲らず1勝1敗となっています。

第1局では山下挑戦者の先勝。

そして第2局では本因坊文裕が圧巻の打ち回しで勝利を収めました。

 

棋譜を見る限りでは、両者ともに調子は悪くない印象です。

 

山下挑戦者は国内絶対王者である本因坊文裕に対して、臆することなく戦いを挑んでいます。

元々戦いや読みの深さには定評があった棋士ですので、自分のペースに持ち込めれば十分勝機はあると感じます。

 

本因坊文裕は決して現状に満足せずにどんどん上を目指している印象です。

AIの打ち方を積極的に取り入れるなど、七冠王となった今でも新しい考え方を貪欲に試しています。

 

囲碁では調子が悪いとあれこれ考えてしまって、なかなか本来打ちたい手が打てない時があります。

逆に調子が良い時は、たとえ前例が無くても、多少筋が悪くても、自分が打ちたい手を打てることが多いです。

 

さて、1勝1敗となり改めて5番勝負となりました。

ここからは局を重ねるにつれて1勝の重みが上がっていきます。

先に2勝目を挙げて1歩リードするのはどちらなのか!?

早速1日目の感想と封じ手予想をしてみたいと思います!

広告

棋譜と感想

1日目の棋譜です。

 

序盤早々から右下隅で大きな戦いが始まりました。

30手目の時点で見たことも無いような形になって、そこからも険しい戦いが続いています。

 

タイトル戦という大舞台で、このような「1歩先は闇」という乱戦は怖いと思います。

しかし、両者ともにドンドン仕掛けていくところを見ると、やはり調子は悪く無いのでしょう。

 

特に本因坊文裕からはすごい妙手が出ました。

56手目のマガリですが、この手は筋が悪く、自ら取られる石を増やしに行く手なので、まず読みの候補にすら挙がらない手です。

この手をずっと前から考えていたのだとしたら、本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

 

しかし、妙手があったとはいえまだまだ戦いの真っ最中です。

形勢が良い悪いという話は、この戦いが落ち着かないことにはできそうもありません。

 

封じ手予想

それでは封じ手予想です!

右下からの戦いが中央にまで広がってきています。

封じ手の直前で白が妙手を放ち、なんとか形を整えたところです。

黒も一旦形を整えるところだと予想します。

第73期本因坊戦第3局封じ手予想

 

2日目はどんな展開になるでしょうか・・・

白は右下でそこそこ大きな地を確保しました。

しかし、それ以外に大きな地ができそうなところは見当たりません。

 

黒は左辺に黒地がどれくらいまとまるかが焦点になりそうです。

中央の黒がお荷物にならず、模様形勢に役に立つような展開になれば黒が面白そうに見えます。

 

まだどこに目を向けていいかすら、よく分からない難しい局面です。

こういう局面でこそ、対局者の棋力が試されると思います。

自分の感覚がプロ棋士とどれくらいズレているのかはっきりしますね・・・

2日目の進行をしっかり勉強したいと思います!

 

まとめ

この第3局は土日で打たれています。

タイトル戦が土日で打たれるというのは比較的珍しいですよね。

 

打っている対局者や関係者は休日返上で大変でしょうが、観戦している側からするとリアルタイムに近い形で観戦できるのでいいですね。

平日に打たれると仕事の関係で、リアルタイムの進行はほぼ見れませんので・・・

おそらく今回の土日対局は対局者の多忙によるスケジュール調整だと思いますので、特例だと思いますが、今後もたまにでいいので土日に打っていただきたいです。

 

さて、とても難しい局面で封じ手となりました。

2日目はまずどこに目を向けるのかが注目されます。

 

左辺?上辺?それとも右辺で戦いを続ける??

それすらも私にはさっぱり分かりません。

2日目の展開を見てしっかりと勉強したいと思います!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告

 

過去のタイトル戦や古碁の棋譜は、こちらのページにまとめています。

是非、ご覧ください!

囲碁まとめページはこちら!!