竹路庵のわらび餅が絶品!京都の嵐山にある本店でなくても購入可能です!!

今回は、「京 嵯峨野 竹路庵」のわらび餅を紹介します!(竹路庵=ちくじあんと読みます)

 

竹路庵は京都の嵐山に本店を構えるお店です。

わらび餅をメインに、おまんじゅうや大福などの和菓子を取り扱っている名店です。

本店がある京都の他に、大阪と兵庫にも店舗があります。

 

少し前になりますが、JR大阪駅の構内にあるエキマルスイーツに、この竹路庵が入っていました。

私も妻も和菓子、特にわらび餅が好きなので、迷うことなく購入!

 

お恥ずかしながら購入するまで竹路庵の名前は知りませんでした・・・

しかし、エキマルスイーツの看板にわらび餅が大きくアピールされていたので、きっと美味しいのだろうと期待していました。

実際に食べてみた結果、想像以上に美味しくて絶品でした!

竹路庵のわらび餅、写真も交えて紹介していきます!

広告

竹路庵のわらび餅はプルップル!

そのわらび餅がこちら。

特別仕立てわらび餅です。※2018年3月時点で税込1,080円。

箱はとても落ち着いたオシャレなデザインで、品の良さがうかがえます。

竹路庵

 

外箱を開けると、わらび餅ときな粉、そしてお箸が付いています。

きな粉は2袋あるので、量の調整ができるのも嬉しい心遣いですね。

竹路庵

 

わらび餅は事前にカットされておらず、1つの大きな塊になっています。

表面はツヤツヤでみずみずしい光沢があります。

既に美味しそう!きな粉無しでも美味しそう!!

竹路庵

 

写真では分かりにくいですが、とんでもなくプルップルです

箱を傾けるとゆっくりと流れていきます。

もう見ているだけでよだれが出てきます笑

竹路庵

 

きな粉投入!

妻と2人で食べるので、一気に2袋分入れました。壮観です!

竹路庵

 

付属の箸でつまみ上げたところ。

この弾力!

かなり持ち上げても切れることがありませんでした。

竹路庵

 

わらび餅本体の甘さはしっかりと抑えられていて、あっさりした味わいでした。

きな粉をたっぷりからめて食べると本当に美味しいです!

 

2袋のきな粉を入れると、かなり贅沢にきな粉を使っても余裕があるように感じました。

最後にきな粉が無くなってしまってわらび餅だけで食べる、なんてことはおそらくないでしょう。

惜しまずドンドンきな粉をまぶして食べていけるのは嬉しいですね。

 

本当にプルプルでトロトロでとても美味しいわらび餅です。

口に入れてもあっという間に無くなってしまう感じで、本当に美味しいわらび餅というのはこういうのを言うんだと実感しました。

妻と2人であっという間に完食してしまいました。

 

竹路庵のわらび餅に付いているお箸が伸縮できる!

竹路庵のわらび餅に付属しているお箸です。

わらび餅の箱に入るように伸縮できるお箸になっています。

竹路庵

竹路庵

 

こういうお箸、あまり見たことが無かったのですが便利ですね。

マイ箸が流行っているという噂も聞きますが、こうした伸縮可能な箸だと持ち運びもしやすくていいと思います。

 

わらび餅にこんなハイテクお箸が入っているとは予想していなかったので、ちょっと驚いてしまいました。

こういう細かな気配りができているのも、竹路庵の意識の高さがうかがえます。

 

まとめ

本当に美味しかったです。

これはリピーターになってもいいかなと思うくらい笑

お土産としてもとてもオススメできる一品です。

 

エキマルスイーツは期間限定でお店が入れ替わるのでもう店舗はありませんが、大丸梅田の地下1階に店舗があるようなので、次はそちらで購入しようと思っています。

 

竹路庵はわらび餅の他にも、いろいろな和菓子を取り扱っていますので、次はそちらも食べてみたいです。

いずれは京都の本店にも行ってみたいですね。

本店にはイートインコーナーもあるようですし、テイクアウトして嵐山の絶景を見ながら食べるのも良さそう。

以前、まだ息子が小さい時に嵐山にベビーカーで旅行に行ったのですが、また遊びに行く目的ができて良かったです。

 

竹路庵のわらび餅、本当に絶品です!

とてもオススメですので、ぜひ食べてみて下さい!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告