【第42期囲碁棋聖戦第2局 】井山棋聖、一力挑戦者にしてはとても落ち着いた進行の1日目!封じ手予想します!!

本日、1月25日は「第42期棋聖戦第2局」の1日目が行われました。

場所は青森県八戸市にある「八戸パークホテル」です。

 

第1局は一力挑戦者の好局だと思いましたが、井山棋聖の粘りと追い上げの前に逆転を許してしまいました。

→第1局の結果と感想はこちら

気持ち的に堪える負け方ですが、内容は一力挑戦者が押していた印象ですので、うまく気持ちを切り替えることができるかがポイントだと思います。

 

一方、井山棋聖としては内容はどうであれ、1勝をあげたというのが大きいと思います。

七番勝負は長期戦ですが、1局目に勝つことでリズムに乗るということが過去のタイトル戦を見てもよくあります。

当然、一力挑戦者の力を改めて認識したと思いますので、しっかりと気合いを入れ直して2局目以降に臨んでいくと思います。

 

それでは、早速1日目の感想と封じ手予想をしてみたいと思います!

広告

棋譜と感想

1日目の棋譜です。

 

黒の井山棋聖が先行して、白の一力挑戦者がじっくりと付いていく展開になりました。

一力挑戦者は初めからじっくり打つという作戦だったように思います。

1日目に関しては徹底して厚い手を選んでいます。

 

井山棋聖も相手の思惑は当然分かった上で、ドンドン大場に先行していき局面をリードしていっています。

黒に不満がないように思いますが、白も意外と遅れておらず、まだまだこれからの局面だと思います。

 

封じ手予想

それでは封じ手予想です!

この局面なら右上隅のアテしか思いつきません。

棋聖戦第2局1日目

 

右上が落ち着いてからが本格的に2日目開始なのですが、黒はどこに打つか・・・

私は天元の下を予想します!

他にもいくつか打ちたいところがありますが、逆に白に飛ばれると下辺からの黒が薄くなってしまうので補強しておきたいです。

中央の黒模様に対する手助けにもなっていますし。

 

白は各所で力をためていますが、地合いでは遅れているのでどこかで力を出して黒に勝負を挑まなければいけません。

この2人の対局が平穏に終わることは想像できませんので、明日はきっと大きな戦いが始まって激しいことになるのではないでしょうか。

 

まとめ

第1局は対局日程をチェックしていなかったせいで1日目の記事を書くことができませんでした。

当然封じ手予想もできず・・・

まあ、やっても当たっていませんでしたけどね汗

 

今回の封じ手予想はほぼ間違いなく当たると思うんですけどね。

もし予想のアテを打たずに他の打ち方をするのであれば、それはそれで根本的な発想が違うということになりますので、私にとってとても勉強になりそうです。

 

1日目は一力挑戦者が今までは違う打ち方でとても落ち着いた進行を選びました。

こういう打ち方もできるんだぞ!という声が聞こえてきそうな感じです。

棋聖戦という大舞台で色々な打ち方を試す余裕があるのはすごいことだと思います。

一力挑戦者の大物っぷりが垣間見えます・・・が、井山棋聖にこの打ち方で勝つことができるかどうかは別問題ですからね。

 

井山棋聖も第2局を勝って連勝で一気に流れに乗りたいところだと思います。

2日目はお互いの意地がぶつかり合う、激しい進行になりそうです。

明日の対局がとても楽しみですね!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告

 

過去のタイトル戦や古碁の棋譜は、こちらのページにまとめています。

是非、ご覧ください!

囲碁まとめページはこちら!!