赤ちゃんと行く!萩(山口県)の旅行記 【前編】

少し前の話ですが、7月の3連休に山口県の萩へ1泊2日で旅行に行ってきました。

もうすぐ1歳になる赤ちゃん連れでしたのでいろいろ心配していましたが、楽しく観光することができました。

 

そんなに多くの観光地を回ったわけではありませんが、赤ちゃん連れの感想などを書きたいと思います。

今日は写真多めになりますがご了承ください。

広告

錦帯橋

まずは錦帯橋へ。

 

錦帯橋

 

言わずと知れた山口県の代表的な観光地ですね。

恥ずかしながら私は初めてでした汗

 

噂には聞いていましたが、やはり生で見る大きな5つの反り橋はインパクト抜群ですね。

周囲の景色も素晴らしく、とても魅力的な観光地だと思いました。

 

山の上には岩国城が小さく見えます。

 

錦帯橋

 

橋の上は階段になっているのでベビーカーでは入れません。

赤ちゃんを連れて行くときは抱っこになると思います。

結構アップダウンが激しいので、赤ちゃんを抱えて行くときは気をつけてください。

 

 

橋を渡って少しまっすぐ歩くと有名なソフトクリーム屋さんが2つあります。

ナニコレ珍百景にも出たことがある「むさし」さん。

むさし

 

とにかくソフトクリームの種類が多く、様々な味のソフトクリームを用意しています。

2017年7月時点で165種類の味があるらしく日本一を更新中とのこと。

中には「これはどうなんだろう・・・?」という味もありますが、それも含めて種類の多さが名物になっているようです。

 

そして、そのむさしのすぐ隣にある「小次郎商店」さん。

小次郎

 

名前からしてライバル関係にあるのが容易に想像できますね笑

ソフトクリームの種類についてはそれほど多くありませんが、こちらは質で勝負している印象です。

 

お互い切磋琢磨しながら、この錦帯橋という観光地を盛り上げているんだと思います。

これからも錦帯橋の1つの名物として頑張ってほしいです。

 

この日は本当に暑くて我慢できずソフトクリームを購入。

ソフトクリーム

 

暑い夏にソフトクリームはやはり最高ですね。

あっという間に溶けてしまいましたが笑

ちなみに特に理由はありませんが小次郎で買いました。

 

いろり山賊で腹ごしらえ

錦帯橋を後にして、一路「いろり山賊」へ。

 

いろり山賊

 

有名な山賊むすびや山賊焼が食べられる食事処で、山口県民なら誰でも知っているとまで言われる人気店です。

コンセプトはその名の通り「山賊」で、かつてこの地に山賊がいたという言い伝えから名付けられたと言われています。

周囲は静寂な山々に囲まれていますので、本当に山賊がいたとしてもおかしくありません。

 

ちょうど7〜8月が山賊七夕祭りということで、とても大掛かりな飾り付けがされていました。

いいタイミングに来ることができてラッキーでした。

いろり山賊

いろり山賊

 

 

いろり山賊では屋外と室内のどちらでも食事をいただくことができます。

今回は赤ちゃんがいたので、室内で食べることに。

 

とても雰囲気のあるいろりに座ることができました。

いろり山賊

 

いろり山賊の名物といえば、「山賊むすび」と「山賊焼」です。

※記載している価格は2017年7月時点です。

 

まずは山賊むすび。(税込508円)

とても大きなおむすびで、中には鮭、昆布、梅の3つの具がまとめて入っています。

手軽に作れて、栄養も取れて、お腹いっぱいになる、先人の知恵が詰まったおむすびですね。

味はもちろん最高に美味しいですが、1つで本当にお腹いっぱいになるので注意が必要です。

いろり山賊

 

続いて山賊焼。(税込756円)

若鳥を炭火で焼いたもので、外はカリッと、中はジューシーに焼きあがっています。

タレがまた絶品で、本当に美味しかったです。

大きな串を持ってかぶりついていると山賊になった気分になれます笑

いろり山賊

 

店の出口には商店も用意されていますので、お土産などを買うこともできます。

いろり山賊

 

品数がとても多く、見ているだけでも十分楽しめます。

 

山賊焼に使われている秘伝のタレも売っていました。

鶏肉を焼くときにそのタレを使えば家でも山賊焼が楽しめるかもしれませんね。

 

今回私たちは座敷に座ることができたので、赤ちゃんがいてもなんとか大丈夫でした。

屋外だとハイハイで動き回る赤ちゃんはちょっと危険かもしれません。

店内も決して広いわけではないので、ベビーカーを使うのも難しそうな印象を受けました。

赤ちゃん連れの場合は室内の座敷がオススメです。

 

ホテル美萩

いろり山賊で食事を済ませた後はホテルへ移動しました。

今回泊まったホテルは「リゾートホテル美萩」。

美萩

 

菊ヶ浜海水浴場の目の前にあるホテルです。

 

客室から菊ヶ浜の海が一望できました。

本当に素晴らしい景色でロケーションを売りにしているのも納得です。

(すいません、写真を撮り忘れました・・・)

 

赤ちゃんに対するホテルの対応はとても良かったです。

妻から聞いた話では女湯にベビーバスやおむつ替え用の台があったそうで、赤ちゃん連れでも大浴場に入れるよう、考慮してくれているのでしょう。

ちなみに男湯には無かった気がします・・・うろ覚えですが汗

 

 

海まで徒歩30秒という立地はとても素晴らしいと思いますので、海水浴を子供連れで楽しみたいという方には特にオススメのホテルです。

もちろん萩観光の拠点としても最高の立地です。

 

まとめ

私は山口に行ったことがほとんどなく、今回初めてゆっくり観光することができました。

自然が多くとてもいいところですね。

 

時間がゆっくり流れているような気がして、一気に好きになりました。

またちょくちょく旅行で行きたいです。

 

さて、2日目は萩市内を観光して秋吉台に行きました。

そちらの感想は次の記事に回したいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

次の記事でまたお会いしましょう!

 

 

広告

 

旅行旅行,

Posted by heizo