囲碁の棋譜感想シリーズ【本因坊秀策】その2

1局目と同様、堅実な棋風がよく表れていました。

この碁は固く打ちすぎて形勢に遅れる場面もあったように思います。

 

碁は本当にバランスが難しいです・・・

固く打つと足が遅く、足早に打つとどうしても薄くなってしまいます。

 

 

序盤に秀策少年が元気いっぱいに仕掛けていったのが印象的な1局でした。

結果はハマリ気味で形勢を損ねてしまったように思いますが、しっかり狙いを持って打っているのが素晴らしいと思います。

白は石をたくさん捨てて大場に先着し、優勢を築きました。

この大局観はとても参考になります。

 

広告