散らかった部屋を片付けるには断捨離がオススメ!!

部屋が物で溢れかえっていて、片付けても片付けても綺麗になった気がしないということありませんか?

俗に言う散らかった部屋というやつです。

普段から片付けをしていても、いつの間にか物が散乱してしまうということありますよね汗

 

実はこれを解決する方法は意外と簡単なんです!

今日はその部屋を綺麗にする方法を書いていきたいと思います。

広告

部屋はどうして散らかるの?

まずは部屋が散らかっていくメカニズムを整理してみましょう。

 

物があると必ずその置き場所を用意する必要があります。

部屋の空間は有限ですので、物が増えるとそれだけ置き場所を用意するのが大変になっていきます。

置き場所が足りなくなってくると物が溢れかえってきて、部屋のあちこちに散乱してしまいます。

これが繰り返されて部屋が汚くなっていくわけです。

 

物が散らからないようにするには?

ではどうしたらいいのか?

答えは簡単。

物を減らせばいいんです。

 

物がなければ散らかることもありません。

単純な理屈ですよね。

 

物を減らすには

しかし、物を減らすと一言で言っても簡単ではありませんよね。

何かしらの理由があってその物は部屋にあるわけですから、簡単に処分できる訳はないと思います。

でも少し考えてみてください。

今部屋で溢れかえっている物は本当に必要なものですか?

普段の生活で必ずないと困るものというのは意外と少ないんです。

大抵の物は「いつか使うだろう・・・」とか「昔使ったしな・・・」などといった理由で存在していることがほとんどです。

でも、「いつか使うだろう・・・」と思っていた物って使わないことの方が多いんですよね。

そうして使われない物が部屋に蓄積されていくことで、収納場所のキャパシティを超えてしまうことになります。

 

必要な物とそうでない物に仕分けよう!

片付けの第一歩は部屋にある物を、本当に必要な物とそうでない物に仕分けるところからです。

1度部屋にある物を全て並べてみて、1つ1つ必要なものかどうかジャッジしていきましょう。

 

1つの目安として過去1年間で1度も使わなかった物はいらないでしょう。

そのうち使うかもとか思ってはいけません。

捨てるときは心苦しいかもしれませんが、思い切ってバサバサ捨ててしまうことをオススメします。

 

また、自分がその物を「使いたい」と感じるかどうかも大きな判断基準です。

特に洋服類はそうですね。

まだ着れるからといって全部の服を置いているとあっという間にクローゼットはパンクしてしまいます。

そこで、自分がその服を着たい!と思うかどうかで仕分けていきましょう。

本当にお気に入りの服は着る時に心が楽しくなるはずです。

そうした感情が出てこない服は今の自分には必要ないのかもしれません。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

使われずに長い時間放置されている物って案外多いと思います。

それを思い切って処分することで部屋がスッキリして、本当に必要な物だけと過ごすことができます。

物を捨てるというのは意外と難しく、慣れないとなかなか踏み切ることができないです。

でも捨てていくうちに部屋がドンドン綺麗になっていくので気分が良くなっていきますよ。

 

我が家も今日、衣服類の整理をしました。
最近はやりの断捨離ですね。

置いていても滅多に着ないだろうという服はドンドン捨てていきました。

その結果、なんだかんだで半分くらいの服を捨てることになりました。
妻の分と合わせるとゴミ袋4つも処分することに(驚)

捨てる時はすごくもったいない気分になりますが、着ることがない服を置いている場所の方がもったいないですからね。

本当に必要で自分が好きな物だけを残すようにすれば、部屋が綺麗になって気分もスッキリすること間違いなしです!

ぜひ試してみてください!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!
次の記事でまたお会いしましょう!

 

広告